首イボをとったあとはシミが残る?

首イボに悩まされる人は多く、首イボが目立つようになる前にどうにかしたいと考えている人も少なくありません。首イボの治療方法としては、自力で治す方法や病院で治す方法があります、時に首イボの治療を行ったあとに、シミだけが残ってしまったという場合があります。首イボの後に起こりやすいシミ、どんな原因があるのでしょうか。

首イボがある場所は、気になる場所

首イボがある場所というのは、鏡で見れば見えるし、洋服によっては目立つ場合もあります。

体を洗う時にもざらつきが気になるといったことも。そのため首イボがある人は無意識に首やデコルテ周辺を触ってしまうことが少なくありません。

触ってもいいのですが、傷ついた首イボの部分から雑菌が入ってしまうと化膿することもあります。
もしも治療後でかさぶたが出来ていれば、かさぶたが無理にとれるということもありうるのです。
そのような気になる場所にあることから、首イボの部分はシミとして残りやすくなってしまうのです。

首イボ部分は紫外線が当たりやすい

首やデコルテという場所は、紫外線の当たりやすい場所です。

紫外線が当たるとメラニン色素が刺激され、シミなどの原因になることもあります。
首イボができやすい部分は、肌の柔らかい部分ですし、衣服の首回りの擦れやネックレスなどで肌が傷つきやすい場所であるともいえます。

そのため、紫外線が当たる上に、刺激を受けやすいとシミとして残りやすくなってしまうのです。

著者の体験からいうと、首イボがある場所は、シミができやすいという実感があります。大きなシミにはならないのですが、首イボが取れた後に毛穴が黒ずんでいてシミになっているのですね。

そのため、自分でクリームを使用して首イボをとろうとする場合でも、病院で治療する場合でもしっかりスキンケアをしてシミを予防することが大切だと思います。
その場合は、紫外線対策と美白ケアが大きなポイントになると思います。