ウィルス性の首イボは感染経路を把握して処置しよう

ウィルス性の首イボは、放置しておくと徐々に周囲へ広がってしまうことがあります。
なぜなら、日常生活で知らないうちに首イボを掻いてしまい、自分でウィルスを飛散させてしまうからです。

首イボのうちウィルス性イボのみがうつる

首イボには複数の種類がありますが、ウィルス性イボのみが感染性の症状を引き起こします。
主にヒトパピローマウイルスが傷口から体内に侵入して首イボとなるので、傷口ケアとウィルス飛散防止で対処可能です。

ウィルス性の首イボは医療機関で対処する必要がある

ウィルス性の首イボは、ハサミで切除しようとすると専門知識が無ければ、自ら周囲へ飛散させてしまうことになりかねません。

  • 切除時にウィルスが飛散しない処置が必要
  • 液体窒素による焼却は事後処置が重要
  • ウィルス性イボの判断は医療機関でしか出来ない

医療機関で適切に対処すれば、何ら問題ない感染症と考えて良いです。

ウィルス性の首イボは感染経路を無くすことが大切

ウィルス性の首イボは、ヒトパピローマウイルスが傷口から体内に侵入しなければ感染しません。
また、ヒトパピローマウイルスは感染力が弱いので、日常的にケアして注意すれば首イボを増やすことにはならないわけです。

家族にウィルス性イボがいたら早期に医療機関を受診させよう

家族にウィルス性イボがいたら、早期に医療機関へ受診させて処置を行うべきです。
なぜなら気づかないうちに家族のうち抵抗力が少ない人へ感染拡大させてしまい、家族内でピンポン感染を繰り返すからです。

皮膚上にキズがある場合には傷口からの感染に注意する

日常生活を送っていると、夜中に自分で引っ掻き傷を付けてしまうことはよくあります。
家族や自分自身にウィルス性イボの症状があれば、新たな感染を引き起こさないように傷口消毒と保護が必要です。

免疫力を高めて傷口を処置すればウィルス性の首イボは怖くない

感染経路として傷口を保護して処置すれば、本人の免疫力が落ちていない限り新たにウィルス性の首イボが増えるリスクを減らせます。
ヒトパピローマウイルスの感染力はさほど強くないので、体調管理がいかに大切か分かります。